Past Fair

シンガポール企画展「物の哀れ」

2019/10/29 - 11/04

シンガポール企画展「物の哀れ」

2019/10/29 - 11/04
@ION Orchard 4F ION Gallery シンガポール

「物の哀れ」をテーマに日本の現代アートを紹介する企画。
原崇浩、クスミエリカ、村上仁美、近藤智美、田中美穂、そして千葉美香の作品を展示し、今を見つめ、独自の作品を制作する日本の現代作家をシンガポールの皆様にお届けします。

Works

原 崇浩「Dos Periquitos」
原 崇浩「Dos Periquitos」
クスミ エリカ「Reunion 1」
クスミ エリカ「Reunion 1」
「水中で笑う私」
「水中で笑う私」
「あきらめて」
「あきらめて」
里美 穂(さとみ・すい)「深臆」
里美 穂(さとみ・すい)「深臆」

Artists

村上 仁美
村上の陶磁器人形たちは大抵あからさまに「死」を連想させる。その多くは、植物化した女の朽ちていく姿だ。
火と土で作られる人間のもっとも原初的な創作物である「器」に村上は「器」としての女たちを重ねる。「器」としての女は男根もすべての幸も不幸も受け入れて次の生命を生み出す。彼女の女性像は腹の中の空洞をさらけ出し、恍惚に似た諦念を浮かべて地面に根を張り、大地と一体化する。
近藤 智美
千葉 美香